スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

057.jpg


アジサイが雨に濡れて、

    いっそうの風情を感じさせます。。


  「短夜」・・・・

   夏の清清しい夜の短いことを惜しむ言葉。

   平安時代の貴族たちが夏の夜の短さを

   逢瀬のはかなさに重ねて「恋の歌」に

   詠みこみました。。


    日本語の美しさは微妙な季節を使い分けられて

    いるのですね。

    大切にしたいです。。


      
     今日のアジサイはそんな「雅・・」な趣を感じさせます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

平安時代ですか…。
例のお寺さんは、957年に設立されたそうですから
なんだか想像しちゃいます。その時代…。

写し方のせいでしょいか?
紫陽花とはまた違うお花のようです。
雅 まさにぴったりな感じです。薄紫な色、
花の形、気品があって…雅ですね。

No title

昨夜は大満足、心も身体も満腹になりました。
うまい‼ ごちそうさまでした。
5000円コース はまります。 うまい‼
これを食べるために また、頑張れます。
また、予約します。 美味かったです。
自分も雅な気分になりました。感謝。
鰻も楽しみです。 以上。
プロフィール

霞み桜☆

Author:霞み桜☆
「旬彩・食彩 きらく」の日常

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。